家庭用脱毛器でムダ毛をセルフ処理!

 

家庭用脱毛器は進化してます!

最近の家庭用脱毛器は、徐々に性能が高くなってきているため、脱毛サロンやクリニックで行うレーザー脱毛と変わらないほどの出力で光を照射できるようになりました。

 

そのため、脱毛サロンに通う時間を取られることなく、手軽な価格で、自宅で脱毛をすることができる家庭用脱毛器の人気が上がってきています。

 

家庭用脱毛器には、多くの脱毛サロンのように、光で脱毛施術するフラッシュ脱毛の脱毛器や、永久脱毛で使われているレーザー方式の脱毛器などがあります。

 

自分に合った脱毛器を選びましょう!

家庭用脱毛器を選ぶ場合、人気が高い家庭用脱毛器は限られており、口コミなどに多く出ている物も同じものが多くなっていますが、いくら口コミが多くても、自分の肌に合うかどうかが重要となります。

 

痛みが強すぎて続けられない場合もありますし、効果をいまいち実感できないような物もあります。

 

利用してみなければわからない部分が多いため、慎重な脱毛器選び必要になります。

 

フラッシュタイプの家庭用脱毛器は、カートリッジを交換する必要があります。

 

メーカーにより利用できる回数も異なりますから、家庭用脱毛器を選ぶ際には、ショット数だけではなく、カートリッジの金額、効果や痛み、軽さや、使いやすさなど、様々な点を比較検討し、購入しましょう。

 

今、オススメできるのは、「2機種」です!

しかし、残念ながら、今現在、家庭用脱毛器でおすすめ出来るのは、2機種のみです。

 

それは、性能や使い易さ、実績などが、断トツで抜き出ています。

 

それは、次の「2機種」です。

 

@フラッシュ型脱毛器「ケノン」
Aレーザー型脱毛器「トリア」

 

家庭用脱毛器【ランキング】

 

ケノン

 

トリア

 

センスエピ

 

ヒカリエピ

 

ノーノーヘアー

 

 

 

 

 

家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器の選び方について

家庭用脱毛器には様々な種類がありますから選ぶのに迷う人も多いのではないでしょうか。実際に試してみてから購入するということができませんから、様々な情報を元に購入する家庭用脱毛器を選びましょう。一番参考にすると良い意見は口コミです。

 

カートリッジが交換できる家庭用脱毛器を選ぶ

家庭用脱毛器には、カートリッジを交換できる物と、できない物があります。カートリッジが交換できないタイプを選んでしまうと、光の照射がショット限界まで達すると、本体がそのままごみとなってしまいますが、カートリッジが交換できるタイプの場合には、ショットが限界まで達してもカートリッジを交換することで、再度利用することができるようになります。

 

コスパで家庭用脱毛器を選ぶ

家庭用脱毛器をコスパで選ぶ場合には、本体の価格だけで選んではいけません。本体を購入することで、何回光を照射することができるのか、ショット数を確認することが大切です。1ショットあたり、1円未満でショットできる家庭用脱毛器が多い中で1ショット7円かかる家庭用脱毛器もあるのです。

 

男性が家庭用脱毛器を選ぶ場合

男性の場合、一般的な脱毛エステに通うことができません。なぜならば、大抵の脱毛サロンは女性専用であるからです。男性が脱毛サロンに通うには、女性が通う脱毛サロンとは比べものにならないぐらい数が少ない男性専用脱毛サロンを選ばなければいけません。価格も女性の脱毛よりも高い設定となっています。

 

家庭用脱毛器の返金制度を知る

家庭用脱毛器を購入する前、本当に効果があるのか、痛みに我慢できるのかなど、様々な不安があるかと思います。購入するには数万円以上かかりますから失敗するのが怖くて購入できないと踏みとどまっている人も多いのです。そのようなことを避けるためにも、返金制度がある家庭用脱毛器を利用してみましょう。

 

家庭用脱毛器のショット数を知る

カートリッジ式の家庭用脱毛器にはカートリッジ当たりのショット数に違いがあります。ショット数は、脱毛の施術ができる回数であり、ショット数が多いと、それだけたくさん利用できるということです。そのショット数ですが、家庭用脱毛器全てのショット数が同じではありません。

 

家庭用脱毛器のメンテナンス方法

家庭用脱毛器を利用する場合、長く利用するのであれば、自分自身でメンテナンスを行う必要があります。メンテナンスといっても、分解をして洗うなどの必要はなく、カートリッジを軽く拭くことで、光の照射が影にならずに正常に肌に当たるようにすることくらいで済みます。

 

デリケートゾーンを家庭用脱毛器で処理

デリケートゾーンは人に見せることに抵抗がある人が多いと思います。脱毛サロンに通っていても、デリケートゾーンだけは恥ずかしくてスタッフに見せることができないという人も多いのです。VラインやIラインだけであれば、あおむけで寝た状態からひざをまげ、開脚にすることで、脱毛をしてもらうことができますが・・・。

 

更新履歴