家庭用脱毛器を利用する前に

家庭用脱毛器を利用する前に、自分の肌の調子を確かめましょう。

 

肌が荒れていないか、傷やあざなどがないか、剃毛をしっかりとしているかを確認しましょう。傷やあざができている部分の光を照射すると、かなりの痛みが伴いますし、確実に水ぶくれができてしまうことでしょう。ほくろなどを避けることが大切です。

 

まずは、手などを利用し、試し打ちをしてみると良いでしょう。どの位の痛みがあるのかを感じることができますし、光に対し、アレルギーがある場合には、すぐに反応が出ることと思います。一気に全身の照射をすることを考えるのではなく、部分的に日を改めて行うことで、肌にどのくらいの効果があるのかがわかると思います。

 

光の照射前には必ず冷やし、痛みが軽減できるようにしてから行うことが大切です。

 

光の照射の前に、お風呂に入ったり、運動をして、体温をあげてしまうと、痛みがひどくなってしまうことが考えられますし、照射後の肌トラブルが起こりやすくなりますから注意しましょう。体温が上がっていると、照射部分を冷やしても、冷やした意味がなくなってしまいます。アルコールを摂取した後もやめましょう。

 

説明書を必ず読み、利用する前に行ってはいけないことをチェックした上で照射を開始しましょう。適当に扱いをしてしまうと、後々トラブルとなってしまうのは自分自身です。トラブルが起きてしまっても、説明書通りに利用していなければ、全て自分の責任になりますから、注意事項をしっかりと確認しましょう。

関連ページ

家庭用脱毛器とは
家庭用脱毛器を簡単に解説します。
家庭用脱毛器の種類について
家庭用脱毛器の種類について説明します。
家庭用脱毛器の利用方法
家庭用脱毛器の利用方法について説明します。
家庭用脱毛器の金額について
家庭用脱毛器の金額について説明します。
家庭用脱毛器を利用するメリット
家庭用脱毛器を利用するメリットについて説明します。
家庭用脱毛器を利用するデメリット
家庭用脱毛器を利用するデメリットについて説明します。