効果を得られるまでの期間

家庭用脱毛器を利用した後、肌はとても敏感な状態となっています。

 

肌に熱がこもった状態になっていますし、赤みが残りやすく、かゆみやひりつき感を感じる人も多い傾向です。そのような状態を少しでも早く回復させるためには、冷却と保湿です。

 

しっかりと冷やした後、保湿を行いましょう。光の照射後、そのままにしておくと、シミの原因にもなりかねませんし、肌がめくれてきてしまうことも考えられます。しっかりと保湿をし、ターンオーバーを促すことで、肌が元の状態に戻っていきます。

 

まだひりつきや赤みが残っているのにもかかわらず、同じ部位に光を照射してはいけません。肌へのダメージが更にひどくなってしまいますし、脱毛の効果を上げにくくなってしまいます。脱毛の施術後、ムダ毛が抜けてくるのには1週間程度の期間が必要となりますので、効果を感じるまでには数日置くことが大切です。

 

説明書には、続けて脱毛する場合に、あけなければいけない期間が必ず記載されていると思います。

 

家庭用脱毛器の場合、出力が弱い事もあり、2週間で再度光を照射することができる物もありますが、できるだけ、肌が正常に戻り、皮膚トラブルがなく、女性の場合には、生理で肌が敏感になっている時を避けるようにして光の照射を行うようにしましょう。

 

短期間で何度も光を照射したからといって、早く脱毛が完了するわけではありません。成長期のムダ毛に光を当てることが大切となりますから、適切な期間をあけての照射を心掛けると良いでしょう。

関連ページ

家庭用脱毛器で得られる効果の違い
家庭用脱毛器には、様々な種類がありますから、効果にも違いがあります。
家庭用脱毛器は痛いのか
家庭用脱毛器はメーカーによっては、我慢が出来ない程の強い痛みを伴うものもあります。
自己処理をするなら家庭用脱毛器
自己処理をするなら家庭用脱毛器が便利です。
脱毛サロンと家庭用脱毛器の違いを知る
脱毛サロンと家庭用脱毛器の違いを知る事が大事です。
家庭用脱毛器を利用しない方が良い人とは
家庭用脱毛器を利用しない方が良い人について説明します。