家庭用脱毛器で得られる効果の違い

家庭用脱毛器には、様々な種類がありますから、効果にも違いがあります。

 

利用してみることでわかることも多いと思いますが、脱毛に全く効果を得られない物、表面に出ているムダ毛を処理するだけの物、生えにくい状態を作ることができる物とあります。全て脱毛とされていますが、大抵の人が脱毛に望むのは、ムダ毛が生えにくい状態を作り出すことだと思います。

 

機械によって、脱毛の効果が全く違うのは、光の出力が違うからです。中には、出力を変更できないような家庭用脱毛器もありますから、光の出力の調整ができないと、もっと強い光を照射したくても変更することができませんし、痛みが強すぎる場合にも、弱い設定に変更することができません。

 

痛みが強いということは、それだけ毛根へダメージを与えていると言えるのですが、何度もショットを打ちますから、我慢が出来ないという人も多いのです。出力は、メーカーによって、全く違いますから、出力をしっかりと調べることが大切です。

 

痛みが伴わないレベルでの施術よりも、軽くチクッとした痛みがある程度の方が、高い効果を上げることができるでしょう。

 

なるべく早く脱毛を完了させたい場合には、強い出力で痛みに我慢しながら光を照射することになりますが、確実に強い痛みであることがわかっている場合には、痛みを感じない程度に肌を冷やしてから行いましょう。

 

範囲が広いと、冷やすことも大変になってしまうのですが、バケツに氷水を用意しておくなどし、光の照射前後は必ず冷やし、肌への負担を軽減させるようにしましょう。

関連ページ

効果を得られるまでの期間
家庭用脱毛器を利用し効果を得られるまでの期間について説明します。
家庭用脱毛器は痛いのか
家庭用脱毛器はメーカーによっては、我慢が出来ない程の強い痛みを伴うものもあります。
自己処理をするなら家庭用脱毛器
自己処理をするなら家庭用脱毛器が便利です。
脱毛サロンと家庭用脱毛器の違いを知る
脱毛サロンと家庭用脱毛器の違いを知る事が大事です。
家庭用脱毛器を利用しない方が良い人とは
家庭用脱毛器を利用しない方が良い人について説明します。