家庭用脱毛器は痛いのか

家庭用脱毛器はメーカーによっては、我慢が出来ない程の強い痛みを伴うものもあります。

 

我慢できないのですから、継続して光を照射することができないのですが、光の出力が変更できる物であっても、一番弱い出力であっても、我慢ができない家庭用脱毛器もたくさんあるとされています。

 

ムダ毛が濃いと、毛根への光の反応が強くなってしまうため、強い痛みが伴うのですが、ムダ毛が薄い部分は痛みを感じにくいとされています。骨が近い部分や、粘膜なども、痛みを強く感じやすい部位であると言われていますから、ひざやひじ、デリケートゾーンなどは、強い痛みを感じることになります。

 

試し打ちをする場合には、比較的ムダ毛が薄いとされる、腕を利用してみると良いでしょう。腕の施術で我慢が出来ない程の痛みの場合には、確実に継続しての照射は難しくなるでしょう。

 

弱い出力で痛みが少ない部分で我慢ができないのですから、ムダ毛が濃い部分やひざなどには、衝撃が走るほどになるでしょう。痛みはムダ毛が細くなるにつれ、弱くなるはずですが、照射を始めてから数回の痛みに我慢できない場合には、違う機種を選びましょう。

 

お金がムダになってしまいますが、メーカーによって、痛みは全く違いますし、出力も全く違いますから、痛みが少ないとされる、弱い出力の家庭用脱毛器を購入し、弱い出力の家庭用脱毛器に物足りなくなってきてから我慢できなかった家庭用脱毛器を利用してみるのも良いでしょう。

関連ページ

家庭用脱毛器で得られる効果の違い
家庭用脱毛器には、様々な種類がありますから、効果にも違いがあります。
効果を得られるまでの期間
家庭用脱毛器を利用し効果を得られるまでの期間について説明します。
自己処理をするなら家庭用脱毛器
自己処理をするなら家庭用脱毛器が便利です。
脱毛サロンと家庭用脱毛器の違いを知る
脱毛サロンと家庭用脱毛器の違いを知る事が大事です。
家庭用脱毛器を利用しない方が良い人とは
家庭用脱毛器を利用しない方が良い人について説明します。